Posted on January 12, 2020, by , in Uncategorized, tagged , with No Comments

こんにちは。今日はボドウェルのESLコースについて紹介します。まず初めに、ESLコース(English as a Second Language)とは英語が母国語ではない生徒のための授業です。ボドウェルでは、ESLコースをAEPコース ( Academic & English Preparation Program)と呼びます。こういうコースを持っている学校は珍しいです。日本でインターナショナルスクールに通っていた方や英語が得意な方は、通常のコースに直接入ることもありますが、多くの生徒はAEPコースでの学習を経てから通常のコースで単位の取得ができるようになります。AEPコースは4つのレベルに分かれており、AEP4を終了しないと通常のコースに上がることができません。

学校の時刻表

こちらが時間割の例です。AEP1から3の生徒はAEPの授業(文学、ライティング、 サイエンス、社会)の他に1科目通常の授業を選択することができます。 AEP 4になると、2科目通常の授業を選択することが可能になります。 AEP中に選択できる通常の授業は、レベルによって選択肢が違います。レベルがまだ低い間は、体育や音楽のクラスなどをとることが多いですが、レベルが上がると数学や理科なども選択が可能になります。どのレベルからスタートするかは、入学時に行われる初日のテストによって決まります。

私はAEP3から始めました。ここへ来る前に英検2級を取っていましたが、入学したときはわからない単語ばかりで、授業には電子辞書が必須でした。日本の学校では、英語の授業で長い文章を書くことや作文を書くことはほとんどありません。しかし、カナダの学校ではどの授業でも自分の意見を書く力が必要です。作文のいくつかの形式や、いい作文の書き方をAEPでは時間をかけて丁寧に先生たちが教えてくれます。また通常のクラスでは、一人ひとり選択している授業が違いますが、AEPのクラスメイトは4コマとも変わらないので、クラスメイトと仲良くなりやすいです。実際私も、AEPの時にできた友達は今でも仲良く、卒業しても連絡を取り合っています。

ESLプログラム2
ESLプログラム3
ESLプログラム5

まとめると、

  • AEPとは通常のクラスで授業を受けるには英語力が足りない生徒のためのクラス。その為、通常授業で自分のベストな成績を修める事ができる。

AEPのメリット

  • 先生が時間をかけて丁寧に教えてくれる

  • 通常のクラスに入る前に、しっかりと英語の基礎力を付ける事ができる

  • 友達ができやすい

  • AEPはどの学校もあるわけではない

Mai Miyata

ボドウェルの学生

Comments are closed.